アルトワークス備忘録

HB21S オーリンズサスペンション

今まで使っていた車高調もHA22Sから使用をはじめそろそろ4年目ということで
5月に埼玉にあるコスミックガレージさんにお邪魔し
オーリンズサスペンションについて相談しに行ってきました。

コスミックガレージさんというとカプチーノで有名ですが
店主の方は過去にアルトワークスでダートラに参加していた方でもあります。
車高調以外にもさまざまな相談にのっていただきました。

それではオーリンズサスペンションについてです

実際に車両の測定を行ってもらいショックの長さなどを決めていきます

サーキットをメインで乗り心地もという贅沢な要望をしました。
今までのサスペンションはスポーツ走行時には良かったのですが
乗り心地という点ではギリギリ町乗りが・・・・

アウトという感じで正直乗り心地は最悪でした。
そこで最初はバネのレートを下げるつもりでいましたが
サーキットを走る上で現状のバネレートでは不足するということで乗り心地を向上といいつつ
バネレートはフロント6k→8k リア3k→5.5kと硬い方向に
乗り心地にちょっと不安がありましたが大丈夫乗り心地も問題ないよという心強い言葉を頂きそのセットでいくことに決めました。

問題としてはリアスプリングの調達でした
アルトワークス用のリアスプリングはどうしても純正準拠の形でないと使用できないため
そのスプリングを探すのが若干問題でした。
フロントはスイフト製のバネを使用しています。

その後測定データを製作ラボに送っていただき待つこと6週間

完成したオーリンズショックです
前後倒立式 アッパーシートはクスコのものを使用
リアは元々短く不足するオイル量を補うべく別タンクとなっています。
作りはさすがはオーリンズという感じで見た目にも美しく
すべてがしっかりしているというイメージでした。
前後ともに減衰調整は20段で調整幅はかなり広いようです
リアの減衰調整ダイヤルがわからずしばらく探してしまいましたが
ダストカバー下にリング状のものがついていました。
二輪車のリアなどと同じタイプですね。
こういうところは二輪のサスペンションメーカーという感じがしていいですね。

届いた当日早速装着しました。

ちらりと見えるリアの別タンクがかっこいいです。

車高は測定時に考えていた車高に調整し減衰も基準値のままで走行しました
基準値 前7段 後7段
若干の突き上げ感はあるもののバネレートが大幅に上がっているという感じはまったく無く
硬いという感じはありますがしなやかで気持ちのいい足に仕上がっていると感じました

町のりしながら減衰を乗り心地重視で弄ってみました。

一気に一番減衰を下げて
前1段 後1段
乗り心地はかなり良くなります
路面のギャップを越えるときも穏やかで
純正よりも乗り心地がいいんじゃないかと思うレベルですが
若干揺り返しがあります

若干閉めこんで
前3段 後2段
乗り心地はほぼ変わらず
ストロークスピードが若干下がりコーナーでの踏ん張りが利き
トラクションもなかなかのものがありますが
攻めていくとフロントが逃げていく傾向に

前5段 後5段
ワインディングなどを走るときや高速道路の走行に最適という感じで
軽自動車とは思えない安定感があります。
街中や道の荒れた場所では若干跳ねる感じはしますが
危ないという感じの跳ね方ではなく跳ねてる気もする位のイメージです。

まだ硬くする側には弄っていませんが
安定していて今までのサスペンションでは厳しかった速度で
簡単に曲がって言ってしまう恐ろしさがあります。
流してるつもりがすごい速度だったという感じです。
今のところどの減衰でもピタッと路面に追従するすばらしいサスペンションです

今後は車高も含め少しずつ調整しようと思います。
一通りセッティングが終わり次第また記事にする予定です。

12 thoughts on “HB21S オーリンズサスペンション

  1. 田原

    はじめまして、HB21sを購入して車高調つけたいのですがオーリンズに興味を持ちました、総額を知りたいです、また同じ仕様のものをまた作る事はできるのでしょうか?
    いきなりこのような事お聞きしてすいません。実際つけておられる方の意見が一番参考になると思いしたので。

    1. バレル Post author

      コメントありがとうございます。
      リアの車高調アジャスターのみは、持込でそのほか
      ・フロントのキャンパー調整式ピロアッパー 
      ・スイフト製フロントスプリング  8k
      ・シルクロードリアスプリング  5.5k
      ・オーリンズショックアブソーバー4本 ネジ式車高調整機構付き

      総額で昨年5月時点で325,728円

      リアの車高調アジャスターがネットオークションなどで1万円くらいなので
      大体33万円ほどとなってしまいます。

      各メーカーから10万~20万ほどで車高調のセットが出ていることを考えると
      高価なサスペンションであるとは思います。

      また、同じ仕様のものを作りれるかという質問ですが。
      作ることは可能です。
      ですが仕様用途などを伝えオーダーメイドで製作してもらうことが可能なので
      田原さんの好みや仕様用途を伝えて製作してもらうのが良いのかなと思います。

      ちなみにですが、私の仕様ですとかなりサーキットに振っていますので
      町乗りやストリート仕様ではもう少しやわらかめにすると良いと思います。

      他にも質問がありましたらお気軽にどうぞ!

  2. 田原

    返答ありがとうございます、ちなみにバレルさんに同じ仕様のものを用意して頂くことはできますか?乗り心地の面では柔らかくしてい抱ければ良いぐらいなので、もちろんのことですがクレームなどつけませんですので安心してください、車体側の加工は必要ですか?
    まだ金銭的に用意ができてないのですぐの話しではないのですが。

    1. バレル Post author

      現車の採寸データなども製作時に必要になるので、(装着部品による車重の違いやエンジンパワーによっても変わってくるようです)申し訳ありませんが、用意することが出来ないかと思います。コスミックガレージさんに問い合わせして頂き相談していただくことをお勧めいたします。

      また、車体の加工ですが、HA,HB21Sアルトワークス専用に設計されていますので
      車体側の加工は基本的には必要ありません。

  3. 田原

    返答ありがとうございます、これからも色々アルトワークスの話しお聞きしてもよろしいですか?返答は無理のないようにでよろしいので、ちなみにパワーアップにおいてなのですが、社外タービン以外で安価にてパワーの上がるタービン流用はお知りでないですか?

    1. バレル Post author

      調べてわからないことなどありましたら余裕がある時に返答させていただきます!
      流用タービンですとワゴンRプラスのHT07-4Aタービンなどが有名ですね。
      ただし、サブコンなどできちんとセッティングを出さないとただ燃費が落ちるだけになってしまったり
      エンジンブローにつながるので注意してください。

  4. 田原

    返答ありがとうございます、ファイターのリビルトエンジンタフを載せようかなと思ってます、ついでにタービンをどうしようか考え中なんです。

    1. バレル Post author

      ノーマルタービン車やビックタービン仕様など色々乗った感想ですが、
      ビックタービン仕様は確かにパワーがあります。
      ただしノーマルのような3千回転からガツンと加速するようなレスポンスの良さはなくなってしまいます。
      峠やジムカーナを楽しむのであればノーマルタービン位が扱いやすく
      峠ジムカーナもやりたいけどサーキットもというのであればIHIのRHB31FWやHT07 A/R9
      本格的なサーキットや最高速を考えているのであればHT07 A/R12やIHIRHF4などの選択になるかと思いますが、好みが大きく分かれる部分ですのでいろいろなレビューを呼んでみることをお勧めいたします。

  5. 田原

    アドバイスありがとうございます、最高速をあげたいなと思っています、バレルさんの車両は最高速どれぐらいですか?

    1. バレル Post author

      タコメーターからの回転数と減速比などから計算すると
      約200km/hでした高速走行でのタイヤのスリップ誤差などを考えても実測180km/hは確実に出ていると考えられます。
      ただし、伸びきる前にブレーキを踏む状況になる為まだ出る可能性もあります。

  6. 田原

    返答ありがとうございます、バレルさんのタービンはジョーズ(山本自動車)のGTタービンのシリーズではパワーどれぐらいに相当するのでしょうか?
    タービンは値段もリビルトタービンよりちょっと高いぐらいなのでGTシリーズにしようかなと思っているのですがバレルさんぐらいのパワーが欲しいのでGTのどれがいいかなと思いまして

    1. バレル Post author

      GT120 A/R12を使用しています。
      パワー的には測定していないので不明ですが
      100馬力前後ではないかと思います。

      ブーストが掛かり始めるのが4000回転
      フルブーストに達するのが6500回転なので若干扱いが難しいところもあります
      なので個人的にはA/R9のほうが良かったかなぁと思うこともありますが・・・

      A/R9でもセッティングを煮詰めていけば100馬力オーバーはそう難しくなく狙えますが
      最高速の一点に絞るのであればA/R12が良いかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。