アルトワークス備忘録

HB21S 流用スタビライザー

定番ではありますが
スタビライザーをCT51SワゴンRのものに変更しました

上が元々のもの下がワゴンRのものです

取り付け自体は特に難しいことは無く
ボルトを外して入れ替えるだけで終わります

HB21S純正とワゴンR純正では約3mmの差がありました。
3mmですと対したことは無いと思うかもしれませんが
適当計算ですが純正の倍ほどのレートになっているものと思われます。

実際に付けてみて走行してみると
ステアリングに対する初期の反応がかなり改善されクイックに反応してくれるようになります。
ただし、長く回り込むようなカーブでは
車の頭の入りが良い分その後のフロントの逃げが若干、気になります。
リアの車高を若干上げオーバー傾向を強くしたところ良くはなりますが
バランスを考えるならリアのばねレートを上げる
またはピラーバーなどでボディの剛性を上げる
などの対策が必要かと思います。
最終的にはドライバーの好みの世界だと思います。
個人的な好みでは高速コーナーはワゴンR低速コーナーでは純正かなと思います
最終的に無駄なロールが無くなり高速走行時の安定性が高いことから
ワゴンR用のものを付けました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。