アルトワークス備忘録

HB21S モンスタースポーツエキマニ

今回は、エンジンオーバーホール時に導入した。
モンスタースポーツ製のエキゾーストマニホールドについての記事です。

まず最初に、
モンスタースポーツのHB21S用のエキマニなんてあったか?
と思う方もいるかと思います。

たしかにHB21S用はありませんが、
そこはK6Aエンジンが載ってる車のならいけるでしょうということで
こちらを使用しました。↓
https://www.monster-sport.com/product/parts/muff/exmani-ea21r_cappuccino/index.html

購入したエキマニがこちらです。

アフターパーツで鋳物ってのは何だか変な感じがしますが、
最短でつなぎ、しかも割れる心配もないと考えるとメリットが多いですし、
何よりこの出来を考えれば値段的には破格とも思い、購入に踏み切りました。

排気温度ボス付のものには集合部横にボスがついています。


感動ものなのがこの集合部です。
等間隔に3つしっかりと分かれています。
こういう成形ができるのは流石鋳造品というかんじです。


ところで、縦置きエンジン用のエキマニが問題なくつくのか?
というところですが、結果的にはポン付けでした。


ただ、タービンサクションとの間隙がかなり微妙なところなので個体差によっては干渉するかもしれません。
タービンによっても違いが出るかもしれません。
参考ですが、当方、HB21S後期型 HT07タービンA/R12です
チラ見えしているロゴがさりげないです。

気になる性能ですが、
仕様変更の差が大きすぎて、いまいち把握しきれてはいないですが、
低速での、トルク感は良好です。
元々07タービンということもあり低回転域は
お世辞にもトルクがあるという状態ではなかったのですが
街乗りでの扱いやすさにかなり効果ありだと思います。
また過給が掛かった後の伸びも確実に良くなっています。

あと大事なのは、音です。
3気筒にしてはずいぶんと気持ちのいい音がするようになりました。

ただ、さすがにスズキスポーツのマフラーでは排気抵抗が大きすぎるなという感じが強くなってきているので、早いうちに何らかのマフラーに変更することを検討しています。

(作成者:バレル)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。