アルトワークス備忘録

HB21S ドリンクホルダー

オーバーホールが終わり快調に走っているH7アルトワークスですが
H系旧規格はドリンクホルダーがありません。
そこで今回、良さそうなエアコンルーバー取り付け式のドリンクホルダーを見つけたので試してみました。

H9アルトワークスには1DINに収まるタイプのドリンクホルダーを使用しています

詳細はhttps://alto-works.jp/hb21s-h9-interior/hb21s-drink-holder/
安定していて使い勝手はいいのですが空の缶などを置くとカタカタとがします。
それでも、エアコンルーバーに取り付けるものなどに比べれば音が少なくてよかったのですが
1DINを完全につぶしてしまうため他の方法を考えていました。

そこで今回H7アルトワークスにはこちらの
カーメイトのオイルダンパー内蔵ドリンクホルダーを試してみることに
(製品名が分からないんですがオイルダンパー内蔵ドリンクホルダーが正式名称なのでしょうか)
なぜ、このドリンクホルダーを選んだかというと


この、クリップの構造です
ねじ式になっていてダイヤルを回すことで、
クリップの白い部分が移動しルーバーを締め付けて固定することが出来るようになっています。
従来のものだとどうしてもぴったりとつけることができず、
ドリンクホルダー自体が振動により音を立てる為どうしてもこのタイプのものは敬遠していましたが、
この締め付け式ならば!と思い購入してみました。


出かけたついでに「超自動後退」で購入、試しにH9アルトワークスに装着して自宅まで走行しました。
オイルダンパーが入ってる意味も開閉する意味もいまいち謎ですが
カタカタと音を立てることも無く空き缶を置いた際も音が少なく良好です。
ただ、問題は開閉機構の開けるときはボタンを押すだけなので良いのですが
閉めるときはルーバーごと上に動いてしまいます。
H9アルトワークスでは仮設置だったのでそのままでしたが、
帰宅後H7アルトワークスに装着する際に下側を両面テープで留めることで対応しました。


右にあるボタンを押すことで開きます
下側を固定したことで片手で開閉できるようになりました。
ちなみに閉めているときは小物を置いておくことが出来ますが、
そのままボタンを押すと乗せていたものがすべて無慈悲にパージされます。

今回の締め付け式クリップは個人的にはかなりグッと来るパーツでしたね
他にもこの締め付けクリップを使用している製品の選択しが増えたら3つほど購入して
助手席とH9アルトワークスに追加したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。