アルトワークス備忘録

CS22S イグニッションコイル交換

時間の流れは速いもので、最後の記事から3ヶ月程経ってしまいました。
次は燃費について書こうと考えていましたが、いくつかパーツを交換しているので、
先にパーツ交換について書きます。

とはいうものの、イグニッションコイルの純正パーツを購入し入替えただけです。

交換前はアイドリング時に一拍飛ぶことが多々あったのですが、
失火が減ったためか、アイドリング時でも安定しています。

加速時も気持ちスムーズに吹け上がるようになったかと思います。

さて、交換前のイグニッションコイルですが、
先に記事に取り上げられていますが、
バレルさんのHB21Sへ取り付けました。
HB21S 流用イグニッションコイル

CS22S純正とHB21S純正ではサイズに大きな違いがあるようで、
CS22Sの方が大きく、HB21Sへ流用することで、低回転域のトルクアップが期待できるそうです。

パーツの流用ができるのは便利ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。