アルトワークス備忘録

HA11S オイルストーンで面研磨

はい、本日も作業
まずは中古のシリンダーヘッドAssyからカムプーリーを外して
カムシャフトのオイルシールを外しておきました

色は「茶色」だったのでいいかなーと思ったんですが念のため
部品は頼んであるので組み付けはまた今度、画像ありません

外すのはとても大変でした、カムシャフト抜いちゃえば簡単なんだろうけど…
親父パワーを借りました

続いて昨日移植したボルトナットも清掃しておきました

ここからオイルストーンのターン
まずインテークマニホールドガスケット、エキゾーストマニホールドガスケット、
シリンダーガスケットを厚手のスクレーパーで本体を傷つけないように除去します

そしてオイルストーンで磨いたのがこちら

インテークマニホールド側

エキゾーストマニホールド側

シリンダーヘッド

とりあえずこの辺で今日は終了
後残ってるのは車体に残ってる側、シリンダーブロック、インテクマニホールド、タービン、、、
オイルストーンと戯れるのが長引きそう…

私のミスでシリンダーヘッドを乗せ換えることになってしまいました
結果的にいろんなところがリフレッシュできてよかったかなと思います
勉強にもなりましたし

タイミングベルトの交換方法もスズキで相談してもらったので問題なさそう!
次は慎重に!絶対間違えない!

必要な部品等も先輩に注文していただいたのでもうすぐ揃うはずです
なんだかんだシリンダーヘッド乗せ換えに4万円ぐらい使ってるような・・・

トホホ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。