アルトワークス備忘録

HA11S 整備と新たなトラブル

いかがお過ごしでしょうか
雷だったり雨だったり晴れたりで忙しいですね…

そんな今日はタイミグベルトカバー(JA11用)とディストリビュータケースの清掃をしました

ますタイミングベルトカバーから

左がHA11S用、右がJA11用です
少し形状が違いますが取り付け穴はあっていたので平気たと思います

なんでウォーターポンプのところだけ穴が開いているのかわかりません、ゴムのカバーがあったのかな?

JA11用は某オークションで入手できました
ジムニーだからなのかカラーは錆、泥だらけでしたの清掃し、カラーはHA11S用を移植しました

変えた理由はクランクプーリーの場所にあたる所が溶けちゃってるからですね
心当たりはあるんですがね…

とまあ綺麗になりましたとさ

ところでタイミングベルトを交換するときにきちんとボルト類を絞めていなかったせいでバルブタイミングが狂い、
バルブクラッシュ、ヘッドのみ乗せ換えに至ったわけですが
カムシャフトタイミングプーリーがかけてしまいました。

まあ綺麗に削ったこと…笑

カムシャフト側のピンとの取り付けが甘かった結果です、ごめんなさい

代替品…某オークションへ…

カムプーリー

その後…

!?


す、スライドカムスプロケット!?
しかもF6A、2バルブ、4バルブ対応!!(買いました)

今は到着待ちです、別に?進角とかに今は興味はないです、でもいずれするかもしれないし?

良いものは使おうということで、アルミのスライドカムプーリーは12000とかしますし、半額で試せるならということで買ったわけですが
せっかくバルブタイミングを変えれるようにするなら?タイミングベルトカバーのカムの部分だけ削除して…とか考えてますが実際どうなんですかね、ゴミとか気になりますけど…

某大〇PAとかだとカバーがない人だったり透明にしてる人だったりいろいろいますけどね?

続いてディストリビューターケース、パーツリスト16番

今回購入するシリンダーヘッドにはついていないので再使用ということでガスケットももちろん変えなければなりません

これが大変でした…カッターで手は切るし…

苦労の末、綺麗に

なんということでしょう、あんなにきたなかった(ry
プロがみたらとても綺麗なんて言えないんでしょうけど…
ガスケットを大方取り終えたら400番、600番、1000番の紙やすりで綺麗にしておきました

さて、今日も作業は終わり…

アレ?オカシイ?ナンダ?

たどっていくとミッションオイル兼デフオイルでした(臭かった)


ドレンはこの前緩かったので絞めなおしたので平気でした、が、
右側フロントのドライブシャフトの付け根からしっかりとしたたっていました(絶望)

また私のミスですね…まだまだ甘い…

ドライブシャフトを抜き差しするときにミッション側のオイルシールやっちゃったかな?
右側のドライブシャフトはこれでちゃんと入ってるの?これ以上入らなそう…
という感じで戻し作業を行ったのを覚えています、あーあ、って感じ、私が悪いのです

FFの宿命、ドライブシャフトブーツの切れ、今のところありませんが?グリスが若干漏れているのはなんでしょうか…バンド?いっそのことやってしまおうか….

今日もまたブログネタができましたね…ほんとうにありがとう(褒め言葉)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。