アルトワークス備忘録

HA11S F6Aスライドカムスプロケット

F6Aスライドカムスプロケットについて

前回の記事にもあるように

「インナープレートを裏返すことで2バルブ系及び4バルブ系ともに全てのF6Aエンジンに装着可能です」とありますね
嘘じゃありません、ちゃんと穴もあっていたしつきましたよ
この画像は今日届いた状態で裏も表も返していません。

ここで、これはどちらが表でどちらが裏なのか、そして、裏表、どちらが2バルブ用でどちらが4バルブ用なのかわかりませんでした。
届いたこの状態が4バルブ用だと思い込んでいました(2バルブにこんなに手間かける人いないでしょ)

検証してみました


写真左がEA11R純正カムプーリー(4バルブ)、写真右がスライドカムプーリーになります。
このスライドカムスプロケットはヤフオクで購入しました、その商品説明には「純正加工品」と書かれていました
右と左を比べてもF6A 4バルブ純正加工品というのがわかると思います
ということはですよ?スライドカムスプロケットが届いたの状態が4バルブ用だとおもうじゃないですか!!!

甘かったです、今回検証してよかった

ここで左右の写真を比べていただきましょう、
このスライドカムスプロケットが4バルブ用の状態であるならば、穴の位置、深さなど同じでなければなりませんよね?
バルブタイミングをずらさない状態(届いた状態)で純正と同じでなければ意味がありません

比べてみると、穴の位置は合っていました(右の写真の左の穴はRS-UCHIYAMAプロデュースの256度吸気カム用の物だと判断したため黒のテープでふさいであります)
が、右写真の中心の穴の深さをよく見てみるとスライドカムスプロケットは黒の部分(純正加工)と白い円盤(加工追加)したものを足した深さになります

純正加工品のはずなので?黒の部分の深さだけで純正の深さと同じになってしまいます
ということは届いてすぐの状態は2バルブ用の状態ではないのか、という結論にいたりました

純正加工後未使用、という商品説明でした、もちろん私がインナープレートを裏返す前、
ボルトを緩めて裏側を見たところ「ワッシャーの跡」がありませんでしたので間違いないと思います

世の中にはF6A 2バルブにここまでする人がいるんですね、ちょっと意外でした


次にこの写真はインナープレートを裏返しました、ここで私はまだ届いた状態で4バルブ用なんだからインナープレートを裏返さないといけないという考えで裏返しました
ところがどっこい、この状態で真ん中の深さを見てみると4バルブ用と一致するではありませんか

この写真を撮ったころには届いた状態からインナープレートを裏返した状態が4バルブ用の状態であることに気づきました

4バルブ用のカムプーリーは2バルブ用のカムプーリーと比べてベルトの掛かる幅が広いのがわかると思います
左から2バルブ、4バルブ、4バルブ加工品(であろう)です

この検証がすべて正しいかはわかりませんが一応はこれで納得しています
このスライドカムスプロケットの作成を依頼した方はF6A 2バルブに使用する予定だったのでしょうか…

一応出品者様に問い合わせて見ることにします
またバルブタイミングが狂ってバルブクラッシュなんてしたら嫌ですし・・・

親父と相談しました、このスライドカムスプロケットに関して、親父もとても車に詳しい人ではありません
が、寸法、見た目、理論、今わかっていることから推測した結果(出品者様にはお問合わせ中、連絡つかず)
商品が信用出来る、出来ないに関わらずきちんとした「整備」を行うことを優先することにしました

購入したシリンダーヘッドには少し錆、腐食が見られますが、純正カムプーリーがついた状態です
とりあえずその状態で組んでみて、購入したシリンダーヘッドに異常、初期不良がないことを確認したうえで、「改造」というステージに踏み込むことにしました

今回のシリンダーヘッド乗せ換え、バルブクラッシュは私が犯したミスです
有資格者にも関わらず情けない話です、こんなことをしていて社会で通用するとも思っていません
そこで今回はきちんとした「整備」を行うことを目的に、シリンダーヘッドの乗せ換え及び、消耗品の交換作業をしていきたいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします

スライドカムスプロケットに関してましては、出品者様からのお返事があり次第、
自分の考えと一致するかどうか討論した上で、「改造」としてまた記事にさせていただくことがあると思います

それまでにバルブタイミングの勉強も済ませておくことにします

追記に追記を重ねていくstyle

出品者様からお返事いただけました
なんと物好きというか珍しいというか、私と同じ2バルブ用を依頼されるなんて…

話によると2バルブ用で依頼されて、出品者様が受け取り時にインナープレートを裏返せば4バルブの吸気側にも使えるように加工しておきましたと言われたとのことでした
結果、私の手元に来た時点で2バルブ用の状態でした

謎が解けてよかったです、推測もあっていたようですこし嬉しい、
しかし、シリンダーヘッド乗せ換えはやはり純正カムプーリーで行いたいと思います

少し前でも言ってますけど、これはこのスライドカムスプロケットを信頼していないわけではありませんのでお許しください
むしろこの後のブログのネタになりますのでご期待くださいということでした

最後に取引してくださった出品者様、丁寧なお返事ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。