アルトワークス備忘録

HB21S 修理箇所

修理が終わってからしばらくたってしまいましたが
メンテナンス中に写真を撮ることが出来たので

まずこちらが修理前になります
ショックアブソーバー取り付けカラーの周辺が錆びてガタが出ていました
また取り付けカラー左側には大きなクラックが
この部分はH#21系の弱点で、このあたりが腐食してだめになっている車両は
中古車で購入する場合には注意が必要です。

こちらが修理後です
画像ではわかりにくいのですが
クラック部分を溶接後、あて板を溶接して修理を行ってもらいました。
またこの反対側も同様に補強板を入れてもらっています。
カラー部は反対側部分を溶接で盛ってもらいガタが出ないようなっています。

右側には大きな損傷は無かったのですが左側の状況から
同じように補強を行ってもらいました。

また室内にもクラックが到達していた部分も室内側から溶接、
外れかかっていたスポット等も新たに溶接していただきました。

修理後はボディがしっかりとし
いやなふわふわ感も無くがっしりと路面を捉えてくれるようになり
乗っていて気持ちのよい車となりました。
しかし、車体の下側がしっかりとしたため
ボディ上側もピラーバーなどを導入しないといけないかなと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。