アルトワークス備忘録

HB21S ミッショントラブル修理

ミッショントラブル修理のため
エンジンを降ろします

今回は極力はずす部品を少なくし作業時間を短縮しました

実は今回ミッショントラブルの原因が作業途中で判明しました

リンケージのステー部を留めているボルトが一本脱落し無くなっていました
これが原因で1,2速側にシフトの部を動かすとステーごとずれてギアが入らなかったわけです
5,R側は他の部品に引っかかるため大丈夫だったと言うわけです。
内部の部品と思っていたのですが外の部分でほっとしました。
どうやらシフトのダイレクト化が原因で負担がかかって緩んだようです。
ボルトにバネワッシャを掛けしっかりと締め付けておきました。

これでミッションの修理は完了したわけですが
エンジンのオイルパンからオイル漏れがあったため
予定通りエンジンは降ろします。
周辺部品をはずしエンジンクレーンでつってエンジンが

降りました。
今回は一人での作業だっため写真が少ないです

この吊り下げた状態でオイルパンをはずして液体ガスケットを塗りなおします
塗りなおし中に気付いたのですが
オイルパンが若干ゆがんでました、
どうやらそれが原因で漏れていたみたいなのでハンマーで叩いて少し修正しました。

と言うわけで今回のトラブルはたいしたこと無く終わってしまいました。

次回は

作業で抜いてしまったオイル類を
今までと違うものにしてみたのでそのレビューを予定しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。