アルトワークス備忘録

HB21S エンジンオーバーホール ヘッド組みつけ

今回はヘッドの組みつけになります。


清掃を行い綺麗になったシリンダヘッドです。
綺麗になったところで最終確認を行い傷やクラックの無いことの確認を行います。


バルブスプリングコンプレッサを使いスプリングを縮めつつコッタピンはめていきます。


バルブの取り付けが完了しました。
今回はバルブ周りにはトラブルが無かったので特にすりあわせ加工等は行っていません。

今回カムシャフトは1号機にワークスRカムを搭載した際にあまったマイナーチェンジ後のカムシャフトを使用しました。
バルブクリアランスは0.21mmを基準に±0.01の範囲に収まるよう何パターンも試しつつ調整を行いました。


作業場の関係でヘッドとエンジンを分割して運び出すため
この先は外で作業です。
今回ヘッドガスケットは純正品を使用しています。
モンスターの強化ガスケットも考えたのですがノーマルタービン運用ですので今回は見送りました。

非常にガレージがほしい状況ですが青空は綺麗でした・・・

インテークマニホールドトランスミッションを取り付けたエンジン


その後はトラブルも無く無事に積み込みが完了しました。

エンジン始動の動画はそのうち追加したいと思います。

組みなおしたエンジンはですが
初期のフィーリングとしてはかなりトルクが出ているという印象です。
普段乗っている車両がワークスRカムに大きめのタービンを使用しているため
ノーマルタービン車だとこのくらいが普通なのかも知れませんがとにかくトルクが太く2000回転からでもスムーズに加速してくれます。
慣らし走行が終了したころ改めてインプレッションを行いたいと思っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。