アルトワークス備忘録

HA36S 新型アルトワークス発売

ついに待望のアルトワークスの発売ですね

アルトワークスの値段ですが
2WD 1,509,840円
4WD 1,617,840円

ターボRSは
2WD  1,293,840円
4WD  1,405,080円

ですから2WD 4WDともに20万円ほどターボRSに比べ値段が上がったことになります

モーターショウでの参考出品の車両がほとんどそのまま市販になったようです。
ターボRSからの変更点としては

エンジンレスポンスの向上
トルク0.2kg・mアップ

シートがレカロ製のものに

物としてはレカロのSR-7に近いものだと思います。
ホールド感もありますし4点ベルトなどもそのまま付けることができます。

そして5MTのシフトはショートストロークそして気持ちの良いフィーリング

また、ホイールが変更されていました

ホイールはタイヤそのものはターボRSと共通ですが
ホイールのリム幅が広がったことにより実質的な接地面積は広がっているそうです。

この辺まではモーターショウでわかっていたことですが
発売されカタログやインプレッション動画から色々とわかったのでそのあたりを

サスペンションにはKYB製の特別にチューニングが施された物が採用され
タイヤの接地感や応答性を良くし、操る楽しさを追及

メーターにはC系ワークス以来のブーストインジケーターが搭載
これがあると燃費走行に便利です
また、ブースト掛かってる感があって視覚的に楽しめますね。

また、0.2kg・mのトルクアップということですが実際に走行してみると
ターボRSに比べ力強さを感じるということです。
このあたりは実際に試乗して確認したいところですね。

驚きのクロスミッション?

今回カタログに変速比が乗っていたので
せっかくなので歴代ワークスのギア比を比較して見たいと思います

ギア CC72V RSR CS22S RSR HB21S RSZ HB21S R HA22S RSZ HA36S 5AGS HA36S MT
1速 3.818 3.818 3.818 3.076 3.818 3.818 3.545
2速 2.277 2.277 2.277 2.105 2.277 2.277 2.105
3速 1.521 1.521 1.521 1.521 1.521 1.608 1.521
4速 1.030 1.030 1.030 1.148 1.030 1.161 1.148
5速 0.903 0.837 0.783 0.815 0.783 0.783 0.897
後退 4.000 3.583 3.583 3.583 3.583 3.272 3.272
最終減速比 5.133 4.705 4.705 5.705 4.705 4.705 4.705

さて初代から4WDのものを基準にギア比をまとめて見ました
初代からワークスRを除くと4代目までは5速以外はほぼ同じだということがわかります。
しかし、こうやって並べてみて初めて気付くことがあります。
HB21SワークスRとHA36Sの2-4速に注目してみると、
ワークスRと変速比がまったく一緒ではありませんか。
歴代ワークスの中でも最速のワークスRと同じ
しかも、5速に関してはワークスRよりもクロスしてます。

最終減速比の違いという点はありますが
2-5速のクロスミッションをノーマル状態から搭載していると言うことになります。
これだけでも大きなターボRSからの変更点といえそうです。
ちなみに5AGSだとターボRSもワークスも変わりません。
アルトワークスを買うならMTに決まりですね!

このギア比の関係でターボRSに比べて力強さを感じるところもあると思います。

ターボRSとの違いを探していたわけですが驚きの発見をするという結果になりました。
これは、是非とも試乗してみなければいけませんね!!

余談ですが
新型ワークスのCMの曲
レニー・クラヴィッツのAre you gonna go my way
過去にはグランツーリスモシリーズの走行中のBGMや
日産・ウイングロードのCM曲にもなった曲です。
日本語タイトルが自由への疾走でまさにアルトワークスにぴったりの曲だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。