アルトワークス備忘録

CS22S H4イエローバルブへの交換

フォグランプをイエローバルブにしたいと思っていた時期は私にもありました。
しかし、平成5年のC系アルトワークスのフォグランプの形状はH3aです。

カー用品店やネットショップにてH3aでディープイエローなバルブを探しましたが、
良さ気なバルブに出会うことができませんでした。
天候不良時の視界はイエローバルブが良いと聞いていたので、
フォグランプに採用しようと考えていましたが、無いものは無いということで諦めました。

どうにかH3のバルブを加工して取り付けられないかと考え始めた時、ふと気付きました。
ヘットライトにイエローバルブを入れれば良いんだ、と。

という訳で、早速某密林で購入しました。

IPFのディープイエローH4バルブです。
色温度は2400K。

早速取り付けましょう。

ヘッドライトは正面からエンジンルーム方向に少し押し込み、
回転させることにより取り外す事ができます。

(例によって取り外し風景を撮っていませんでした)

そして取り付けが完了し、試験点灯をします。

はい、ありがとうございました。
こんな車が後ろを走っていたら、道を譲りたくなりますね。

フォグランプは純正同等品のバルブから変えていませんが、
ヘッドライトと比較してしまうと白く見えます。

ちなみにポジションライトはT10白色LEDに変えてあります。

ヘッドライトをイエローバルブに変えた後、
夜間や雨天時でも道路上のラインが以前より見えやすくなったので、
交換の効果はあったということにしましょう。

できることならばフォグランプにイエローバルブを仕込みたいので、
今後良さ気なバルブに出会えたら交換したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。