アルトワークス備忘録

CS22S スピーカ・カーオーディオ本体交換

CS22Sのスピーカの交換とカーオーディオ本体の交換を行いました。

先に感想から。

KENWOOD KFC-RS101

10cmのスピーカのため、低音域はあまり出ません。この点は仕方ないです。
ですが、交換前より中音域と高音域が明らかにはっきりとした音になったので満足です。

Pioneer carrozzeria DEH-7100

Bluetoothを搭載しているので、スマートフォンを接続してワイヤレスで音楽を再生できる点がGoodです。
マイクや受話ボタンもあるので、ハンズフリーで通話ができるようです。(未確認)

操作性は、再生・停止がメニューの階層の下にあるため若干操作し辛いという点はありますが、ボタンやダイヤルがスッキリとまとまっており、すぐに慣れました。
USB端子が用意されており、USBメモリ等に保存したファイルの再生も行えるようです。(未確認)

取り付け、交換は、狭いスペースに潜り込むこと以外、特に大きな作業はありませんでした。
左スピーカの交換時はダッシュボードの内部を取り除くことにより配線しやすくなることに気付きました。

また、私のCS22Sは既にリアスピーカ用の配線がされていることにも気付きました。
今後はリアスピーカの増設も検討していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。