アルトワークス備忘録

CS22S センターコンソールボックス移植

HA11S AT車用のセンターコンソールボックスを入手しましたので、
CS22S MT車へ移植するためのメモ書きです。

センターコンソールボックスを装着することで、
足元に2DIN分の機器を設置することができるようになります。

センターコンソールボックス単体、またはMT車用のシフトパネルに取り付け済みで某オークションサイトに出品されているものもありますが、
今回、AT車のシフトパネルに取り付け済みのセンターコンソールボックスを安価で入手することができました。

移植については簡単です。

左がHA11S AT車のシフトパネルに取り付けされているセンターコンソールボックスです。
右が私のCS22S MT車から取り外したシフトパネルです。

ネジ穴を開ける場所は同じな為、シフトパネルの目印を参考に穴を開け、
コンソールボックスをHA11S AT車のシフトパネルから取り外し、CS22S MT車のシフトパネルへ取り付けます。

移植をすることにより、CS22Sの搭載可能DIN数が4になりました。

このところ、電力不足を感じ始めたので、
オルタネータのチェックや、必要に応じての交換作業も検討していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。